2015年04月30日

円形脱毛症と剃髪と星飛雄馬

私は40過ぎのオヤジなので、アニメといえば、『ワンピース』とか『銀魂』ではなく。『巨人の星』であり『宇宙戦艦ヤマト』なのですが、それはさておき。
初めて円形脱毛症になって10円玉ハゲや50円玉ハゲがいくつか頭に生じたとき、巨人の星の「消える魔球」の原理を思い出したのです。

消える魔球は、巨人の星の主人公星飛雄馬投手の右足で蹴られたマウンドの土が頭上まで跳ね上がり、ボールが手から離れた直後に、そのボールの縫い目に蹴り上げられた土が巻き込まれ、ボールが本塁近くで地面すれすれに下降および上昇して下の土を巻き上げ、同時に縫い目の土が球を包み、マウンドの土と本塁附近の土の保護色で消えるというモノスゴイ理論の「魔球」でした。
星一徹は、この消える魔球の発現理論を「星投手の右足が高く上がると青い虫が飛び、青い葉に止まる」と表現しました。

つまり、消える魔球は、保護色から生まれる魔球だったのです。

この原理を思い出した私は、私の円形脱毛症ハゲも剃髪して頭すべてをハゲにすれば保護色の原理でハゲはハゲのなかに消えてなくなると考えたのでありました。

しかし、剃ってみた現実は、ハゲの中にハゲが存在するという現実でありました。ハゲにもいろいろあるんです。

つまり円形脱毛症ハゲの部分は毛根の点々もないし、ちょっと皮膚がへこんだ感じもあり、剃髪部分のハゲとはあきらかに違います。3mくらい離れたところからなら、このスキンヘッド保護色機能は効きましたけどね。

でも、2日に1回くらい、頭全体をツルツルに剃らないと、逆にハゲが目立ちます。つまり、スキンヘッドで円形脱毛症ハゲを隠すには、永遠に頭を剃り続ける必要があります。
慣れますけどね。



posted by エンダツオヤジ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症と大リーグボール2号の原理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

またまた円形脱毛症再発。


2012年9月18日。

日中関係が騒然としている今日この頃、伸びた髪を切りに美容院へ。

主任さんが担当。

また、できましたね。

指摘されました。

自分では気づいていませんでした。

今回の円形脱毛症の再発は、左側頭部。

あんまりめだたないところです。

放置します。

塩化カルプロニウムはまだあるし。

とゆーことです。



posted by エンダツオヤジ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

円形脱毛症、今現在は完治状態


ご無沙汰していた。

昨年(2011年)に円形脱毛症が再発し、7月と9月に皮膚科に行ってクスリをもらった。

9月に医者に行った時点で、当該エンダツ部位は毛が生え始めており、治癒の方向へ事態はすすんでいると感じていたわけですが、年末頃にはほぼ完治状態になり現在に至っております。

現在私の頭の表面上には、ハゲは見当たりません。

ただ、昨年のはげた部分に新しく生えた毛髪は、ちょっと「くせ毛」状態で、寝起き時には、くるりんとカーブしております。

エンダツだった部分に生えてくる毛髪は、このようにくせ毛だったり白髪だったりすることがままあると私は感じておりますが、みなさまいかがでしょうか。

さて、エンダツも完治状態。連日の雪もそろそろ峠をこえたようで、あとは春を待つのみでしょうか。

みなさまご機嫌よろしく。






posted by エンダツオヤジ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 円形脱毛症の完治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。